天満切子


天満切子の工房までは天満天神MAIDO屋から歩いて10分ほど。
昔はこの近辺に20軒ほどあったそうですが、今ではここ「天満切子工房 RAU」さん一軒になってしまいました。
今日も天満天神MAIDO屋に並べる天満切子をいただきにきました。

天満切子制作風景

ここで、天満切子を作っておられる様子を拝見すると、
本当にひとつひとつ手作りで丁寧に作られていて、
手間も時間もかかった大変な作業だなと実感します。

天満切子がこんなにたくさん見れるのは天満天神MAIDO屋だけなんだそうです。
是非、天満天神MAIDO屋へステキな天満切子を実際に手に取り、見に来てください。

天満天神MAIDO屋の天満切子

天満切子の特徴は刀がU字型なので、カット面が丸くやわらかみと温かみがあります。
そして万華鏡のように映りこんで本当に綺麗でいつまで見ていても飽きることがありません。

天満切子ぐい飲み

この時期、私のイチオシは「ロックグラス三角」の赤です。

天満切子ロックグラス三角

他の天満切子と比べて削っている部分が少なく、元の被せガラス(きせガラス)の深い赤い部分が多いので、寒い季節には温かみを感じます。
シックなデザインで、大人の時間を楽しませてくれるグラスです。


One Comment
  1. Pingback: SMAP5人に橋下徹さんが「天満切子」をプレゼント! | ちあきの場所(ありか)

コメントを残す