高知人に案内されて高知に行った話 一日目


まいど!MAIDO屋まいちゃんです♡

 

4/30.5/1と、ど平日に母とN山さんと高知に行ってきました。

①結婚式に来てくれたお礼

②愉快な仲間たちの乗ったフェリーが高知にくるのでお出迎え&お見送り

というなんだかよくわからない理由ですが楽しいのでいいでしょう。

 

 

私は高知に行くのは2回目!おととしぶりの高知でした。

↑この時ぶり。久しぶり、高知!

前回は弟と高速バスで行きましたが今回は『どろめ祭り』に行きたいのでそれに間に合うように飛行機で。

 

前日夜中の3時まで飲んで、にんにくらーめんまで食べて帰ったので完全に二日酔いでしたが空港に着くともうビールを飲んでいるN山社長。

ビール飲んだら二日酔い治るか。とビールを飲むも、プラカップになみなみ注がれたビールをこぼしまくる私。

怒るエリー。ゴメンネ空港のお姉さん。
飛行機で50分ほどで高知へ到着。

今回は高度が低かったためか頭痛は免れました。
高知でこじゃんと土佐酒というお酒さんをしているこじゃんが空港に迎えに来てくれて、タクシーでどろめ祭りの会場赤岡市へ。

 

めっちゃ海!めっちゃ気温高いしめっちゃテンション上がるわたし。

 

たくさんの屋台が出ていて、そこからビールやつまみを買ってきてビニールシートを広げて座って宴会スタート♪

 

四月末にして既に30度、ノースリーブの私(後に日焼けで後悔)

左の美人はこじゃんの奥さんののざさん。

神戸出身やけど結婚して高知に住み、土佐弁がさまになってます。

めっちゃお酒飲むしめっちゃぶっ壊れる最高の女性。

 

しかし暑いのでお酒が進む~~~!

途中から日本酒にシフト(まだ午前中)

 

どろめ祭のどろめとは、生のしらすのこと。

毎年4月、太平洋を舞台に赤岡町の浜辺で地曳き網でとれたてのドロメを味わいます。メインイベントとして、男性は一升(1.8リットル)、女性は五合(0.9リットル)を一気に飲み干す「大杯飲み干し大会」があります。「飲み干す時間」「飲みっぷり」の総合得点を競います。「これこそ土佐人」のイメージを全国に広めた豪快でユニークな祭りです。

とのことで、この後大杯飲み干し大会が!

 

 

写真を撮ったけど、座ったまま寝始めたN山社長の頭が邪魔でうまく映らない。

写った!

司会の人が「グーーーっと、グーーーーーっと!!まだまだあるで!まだある!やっと半分!グーーーーーっと!!」と場を盛り上げます。

めっちゃ綺麗な着物のお姉さんもグーーーーーっと♪

どうしても映るN山社長。

本当に、早い人だと10数秒で一升を飲んでいまいた。

速さだけではなく、どれだけこぼさないか、どれだけ美しく飲めるかも審査の対象となるようです。

ほとんどこぼしてしまっている人、終わったとたんトイレに走っていく人も今したが、めっちゃきれいなお姉さんがぐーーーっと五合飲み切って私の隣でそのあとビールを飲む姿はかっこよかったーーー✨

 

その後こじゃんのお知り合いの席に入れてもらって少し飲みなおし。

かきごおりがシロップかけ放題だったので意地汚くシロップをかけまくり、甘くて食べられなくなった残念なわたし。レモン味で舌が真っ黄色。髪も青なので高知の酔っ払いたちにおもしろがられる。

 

その後電車で高知市内に戻り、観光客らしく駅前の像をシャメ。
で、、ホテルにチェックイン。

終わりかけの日曜市をぶらぶら冷やかして、私の大好きなひろめ市場に。(ゴキゲン)

どろめ祭りの日焼けで、焼いた手羽先のような腕の私。

 

ひろめ市場ではいつも吉照さんにいきます。

こじゃんの同級生がしてるお店やけど、同級生とは思えんほど若くてかわいいお姉さん。

(ごめんなこじゃん)

 

カツオのたたき、カツオの醤油たたき、うつぼのたたきなど高知ならではのおいしいものをたらふく食べました。常連さんにお酒までごちそうしていただいた( *´艸`)

 

この辺でかなり出来上がっていたので、歩いてホテルまで戻って仮眠をとって夜また繰り出す作戦に。

 

 

ふらふら歩いているうちに手ぶらで来たN山さんに「Tシャツ買いーや!!」とワイワイ言うも買わず、普段食べへんのにケーキを買い、わざわざスタバでコーヒーを買い、コンビニ行ったらみんな好き勝手カゴに入れてうちの部屋へ。

 

コンビニの袋の中からなぜか「チキン南蛮弁当」が出てきて「誰やこんなん買ったん!」と聞くも、全員記憶にない。でも全員全部食べた。おいしかった。

 

部屋飲みしてるうちにのざさんが寝て、エリーも寝て、N山さんは「俺マッサージしてくるわ」と部屋に戻り、残された私はこじゃんに「こじゃん、ヒマ!」と騒ぎ、困ったこじゃんが「ホットドッグ屋さんが空いてるかみにいこう」というのでお外に。

 

あいてなかったので二人で餃子家よこじいへ。

餃子とチャーハンを平らげ、ビールを飲みご満悦の私。疲れ果てた顔のこじゃん。ウケる。がんばれこじゃん。

 

よこじいさんに大阪福島のお店を紹介してもらったので必ず行くことを誓う。

 

部屋に戻りみんなを起こし、N山さんにマッサージどうやった?と聞くと「なんかよくわからんねんけどシュッシュって何かかけられた」とのこと。ウケる。

 

みんなで街を歩くけど、空いてなかったりいっぱいやったりでどこも入れず屋台に。

大阪にこんな屋台ってないけど、四方を幕で覆われたちゃんとした大きな屋台が夜になると現れる高知。すげえ。

 

おでんとビールと日本酒とラーメン。

おでんには白とピンクの千歳あめような見たこともない物体が。(エリの前のお皿に乗ってるやつネ)

練り物で、すまきっていうらしい。やらかいかまぼこみたいやった(ごめん高知人)

 

そこからまたウロウロし、シャレオツなBarへ。

ビールの後にいきっていちごマスカルポーネカクテルを注文。

あまりの甘さとしつこさに一気に酔いがまわり、飲み始めて約13時間、ここから記憶があいまい。

 

確かこの後はホテルでまた飲みなおしたと思うけど、カップラーメンといもけんぴアイスの残骸があったので夜中の二時からまた食ったみたい。やばい。

 

 

一日の食べた量を思い返してちょっと反省した26ちゃいでした。