【産院】入院中のごはんたちと思ったこととか徒然


 

自他ともに認める食いしん坊の私やけど、産院選びは断じて食事で選んだわけではなく……
選んだわけではないけど結果、食事の評判のいい産院に。
普段の食事重視で、お祝い膳は本当に期待していなかった。
いうても病院やしなあ。って。

 

5/22火曜日(誘発のための計画入院当日)
これは前記事にも載せた、入院当日の昼食。舞茸の豚肉巻きおろしぽんず、もやしナムル、五目豆、薄揚げと玉ねぎの味噌汁、白米。

ここから怒涛の手術出産絶飲食で夕飯はなし。
さすがの私も全くおなかは減らず。

 

5/23水曜日
手術翌日の朝食はりんごジュースと牛乳。

こんなにおいしいりんごジュースと牛乳は生まれて初めてでびっくり。
ファスティングとか何回かやったけど全然比じゃなかった。
ちゃんとやってなかったんやろうな。

昼食。出汁で炊いたじゃがいもをペースト状にしたもの(うまい)と、とろとろのたまごの出汁煮(うまい)とお粥と具なしのお吸い物、のりの佃煮。あとバナナに牛乳。

お粥はほぼ十倍粥。離乳食。けどうまい。

夕飯は玉子豆腐に里芋の煮物、具なし味噌汁にお粥、オレンジに梅干にジョア。

固形物が出て露骨に喜ぶ私。
里芋にこれだけテンション上がったのはたぶん初めて。
あと玉子豆腐久しぶりに食べたら美味しかった。

 

5/24木曜日
まだまだお粥は続く。
じゃがいもとにんじんのだし煮(固形になった!)、スクランブルエッグ、おかゆ(五倍粥になった)、オレンジ、味噌汁(麸が入った)、梅干、牛乳。

昼食はもうおかゆ以外はほぼほぼ常食に。
突然のブリの照り焼きに戸惑いを隠せない。
高野豆腐、スイカ、油揚げの味噌汁、おかゆ、ジョア。

夕食
まさかの青椒肉絲におかゆ。
ほうれん草の胡麻和えと野菜のスープ、りんごゼリー、ふりかけ。

おかゆにふりかけがくっついてきて「嘘だろ!」と思ったけど食べてみたら割と美味しかった。まあそりゃそうか。大豆ふりかけ……

 

5/25 金曜日
主治医の一言で突然普通の食事が解禁。
何がびっくりしたって、朝食がバイキング。お腹の傷をかばいながら食べられそうなものを遠慮がちによそう。
私はメロンパインキウイのアレルギーもちなのでスイカバナナオレンジが頻発。
その辺もかなり気を配ってくれて、係りの人が別に盛った物を持ってきてくれる。

 

今日から昼食は病院最上階のダイニングで担当の人にサーブしてもらって食べる。
ハンバーグ、サラダ、スープ、スイカ、ごはん。

温かいものは温かくて冷たいものは冷たくてめっちゃ幸せ。レストラン並み。
こりゃ痛みも忘れる。
しかもなんとランチにはドリンクとデザートまでついてる。
パウンドケーキとコーヒー。
コーヒーはカフェインレスなんやけど、席まで持ってきてくれる…

 

で、昨日までお粥食べてた女は常食解禁の夕食にお祝いディナーをセット。
旦那は仕事で都合が付かず、母は金曜なら行けるとのことだったので仕方なく。
一人で食べると一人の人同士で食べさせられるっていう悪夢が起きる様子だったのでどうしても誰か呼びたかったコミュ障。

えんどう豆のスープ。上のエスプーマがなにかの味(忘れた)だったのと、底に茶碗蒸しみたいなのがあっておいしかった。

おにくおいしかった~~~~~~~!

ビワのコンポート・

魚料理とかパンの写真撮り忘れたけど美味しかった~。
期待してないとか言ってごめんなさいレベル。
いや本当。美味しかった。サービスのおばさんはちょっとどうかと思ったけど。
それこそレストランじゃないし病院やから仕方ないんかなあと思ってしまった一番のポイント。

 

5/26土曜日
朝食はバイキング。調子に乗ってもりもり食べる。

今見ると「朝からようこんなに食べるな…」と思うけど、この時は周りを見ると本当にみんなこれくらい食べてるし、なんなら大皿に山のように盛ったスクランブルエッグだけをひたすらモリモリ食べてる人とかいて結構カオスだった。

印象的だったのは9割ほどの「下から生んだ」人たちがドーナツクッションを持ってうろうろしていたことと、4人席に相席になった人たちがだんだん打ち解けて次からわざと一緒に座るようになってって、どんどん世間話をして、関係性が深まっていたこと。私は全くそういうのダメ(したくない)なので相席になりにくいように2人がけの席を確保するために早起きして、そういう人たちを観察するのがちょっとした楽しみになってた。相槌を打つだけの人、自分の話をひたすらする人、子供を産むのは4人目の人、陣痛が30時間続いた人とか色々いて、話を聞いてる分にはおもしろい空間やった。

 

今日もダイニングで昼食。
朝食も昼食も、しんどい人とかは部屋食に変更できるけど私はダイニングで温かいの食べたいからうきうき通ってた。
ダイニングに行く時はあかちゃんは新生児室で預かってもらえる。

今日は昨日のうちに選択するメニューで、私は鮭のマヨネーズ焼きをチョイス。
もう一つはなんか肉系だったはず。

座ってたら温かいご飯が出てきて、食べ終わったら下げてくれて、コーヒーまで出してくれるって本当にここは病院ですか(二回目)
しかも味も普通にめちゃくちゃ美味しい。
薄くないし油もちゃんと使ってるし、量も多いくらい。最高。

 

夕飯は部屋食なので静かに落ち着いてゆっくり食べられる。
この日はコロッケと冷奴、和物とごはんとお味噌汁。


うちはあまりコロッケがメインになることがなかったからおっかなびっくりやったけど美味しかった。コロッケといえば中村屋で、中村屋のコロッケは甘いからおかずにならんかったんかなあと思ったけど、おばあちゃんの家では甘いコロッケにウスターソースかけて昼食によく食べた記憶がある。今度やってみよう。一人でご飯食べてるとこういう何でもないことをよく考えて楽しかった。ひとりの時間が好きなので、子供とはなればなれとは言え入院生活はとても快適だった。(というかコロッケと冷奴、おばあちゃんちの昼ご飯でよくあった組み合わせ。塩さばの日も多かった。ひいばあちゃんは塩さばに酢をかけて食べてた)

 

5/27日曜日

この日も朝からもりもりもりもり食べた。
パンよりごはん派やねんけど、ごはんって週に何回かしかないのね。
基本的にパンなのね。それが少し辛かったけど辛いって言ってる奴の食べる量じゃないね。

このぐらいになると相席チームは完全にグループが分かれていて、下の階で待ち合わせてからダイニングに上がってくるようになった。仲良くなるのが上手な人はすごいなあとは思うけどいいなあと思わないのが自分のあかんとこやなと思いながらも今日も聞き耳をたてて笑うのを我慢するのに奥歯を噛み締めた。

 

昼食は焼きそば、おむすび、あんかけの茶碗蒸し、スープ、りんご。

朝食が終わって少し経った頃に新生児室から呼び出されて、赤ちゃんが大きい病院に転院することになったことを知らされた。朝食の食べ過ぎか、赤ちゃんが心配で焼きそばが喉を通らなかったのかはわからないけどあまり食が進まず完食ならず。焼きそばがあんかけなら喉を通ったかもなとかしょうもないことを考えたから自分はまだ大丈夫やなと思った。

 

転院先の病院に行ったりして翌日退院することを決めた。
この日の夕食は白身魚の豆乳ソースかけか何かで、なにげに楽しみにしていたもの。
は~~~~~、今日退院じゃなくてよかった!と思った。
こんな時まで食ベースで動く自分に少し感動した。

スイカの上に写ってるけど、夜はなぜかおやつがつく。
昨日のコロッケの時も付いた。たぶん夜中授乳してる人はお腹空くんやろうなと思ったけど、私はそもそも夜中部屋に赤ちゃんいないし、なんなら今日なんかもう病院にあかちゃんいないからこのおやつは無駄なカロリーでしかない!と思ったけど晩ご飯食べ終わった瞬間に食べた。おいしかった。クリームの入ったワッフルやったかな。

 

5/28月曜日
最後の晩餐的、最後の朝食バイキング。
これからの戦いに備えてこれでもかってくらい食べた。
右上にちらっと写ってるけど入院中はPHSが貸し出されて、これを内線替わりに使う。
スマホ慣れしてるけど最初はPHS使っていた世代なので懐かしさがすごかった。
ちょっとほしくなったもんなPHS。

相席グループは産んだ日がみんなそれぞれちがうのでバラバラと人数が減っていっていた。
けど減ったからって新しくメンバーが加入することはなく、空いた穴は埋まらなかった。
また新たに生んだ人たちでグループができていくんやろうなあ。こういうスキルがきっとお母さんには必要なんやろうなあって自分にはないものをじーっと眺めていると「まさか私これコンプレックスなんか…?!」ってふっと一瞬よぎったけど、どうかんがえても「したくない」ので打ち消した。できないけどしたくないのでいい。気の合う人とは仲良くしたいけどね。

 

ほんま、ご飯の美味しい一週間やった~。
また入院するならここがいいな。
産科やからごはんおいしいんやろうな~。
友達のいんすたとか見てても出産入院中のごはんおいしそうやもんな。
けど総合よりは個人病院のほうがおいしそう。
そりゃそうか。。

ということです。
入院する人は是非ご飯もお楽しみに。

私はこれだけ食べたにも関わらず夜中にカロリーメイトとかチョコレートを隠れて食ってました。動いてもないしたいして授乳もしてないのに。お腹空くんだもの。てへ